番外編1 徹夜続きの会社事務所もあった^_^

「いい会計事務所の指標番外編」1

40〜30年前はコンピュータはまだ初期の段階でした。

企業も会計事務所もコンピュータを利用しているところは少なかったです。

会計事務所は、お客様企業の仕訳を手書きで行い、手書きで元帳や試算表を作成していました。

年末調整が完了したら、数週間後には所得税の確定申告に追われました。
徹夜の連続、事務所に泊まり込みもありました。

昨年の所得税の確定申告時期、
残業がほとんどない会計事務所もありました。

一方、コンピュータ会計をやっていても会計事務所が仕訳をする場合は40〜30年前と同じような感じでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。