毎月、御社を訪問する会計事務所の見極め方

会計事務所と言っても提供するサ-ビスは様々です。

1.会計事務所に書類を渡して、低料金で決算申告のみを行う会計事務所を希望される場合は当社の考え方と異なりますので、インタ-ネットで検索してご希望される会計事務所を探してください。

2.毎月、御社を訪問する会計事務所の見極め方
会計事務所を36年間見続けてきた経営コンサルタントがアドバイスする
「会計事務所の見極め方」

 

3月初旬に坂本教授が打ち合わせの際に「35年くらいまでは70%の法人企業が黒字、今は逆、70%が黒字になれば我が国はよみがえる」と言われた。その通りだ。
3月初旬から中旬にかけて私のFacebookで投稿させていただいた「会計事務所の見極め方」、計13回になったが、所得税の確定申告の時期と重なり参考になられた経営者や経営幹部も多い。人を大切にして結果として黒字企業になり、堂々と税金を払い、障がい者、高齢者、女性の雇用も促進し地域社会から感謝される会計事務所が増えて欲しい。
依頼する会計事務所によって結果が異なる時代だ。

「会計事務所の見極め方1」
会計事務所は所得税の確定申告真っ最中で、猫の手を借りたい事務所も多い。すでに完了した会計事務所も出てきている。御社が法人企業で、所得税以外で、企業として、今年になって1回も会計事務所が御社を訪問していない場合は会計事務所を替えた方が良いと思います。一昨年の定年退職まで36年間、会計事務所を見てきた、経営コンサルタントとして、 特に、1月2月3月決算法人は替えた方が良いと思います。

「会計事務所の見極め方2」
30年前は、手書きの時代なので個人の確定申告で手一杯で法人企業までは手が回らなかった。よって、1月、2月、3月決算法人にしわ寄せが当たり前だった。
今日では決算3か月前から、黒字か赤字かスレスレの場合は、粗利益額を増やしたり、冗費を削る等の対策がとれる。赤字か黒字かは銀行の心象にかかわる。特に3月決算法人は比較的、歴史があり規模の大きい会社がある。
コンピューター会計、しかも企業自身で入力し結果が分かる時代、その入力・仕訳が正しいかどうかを会計事務所に毎月、監査していただいて自信を持って経営結果を知り次の一手を考え実行する時代です。御社が法人企業で、所得税以外で、企業として、今年になって1回も会計事務所が御社を訪問していない場合は会計事務所を替えた方が良いという理由です。昨日、質問をいただいたので補足させていただきます。
依頼する会計事務所によって結果が異なる時代。経営コンサルタントとして前向きで真面目な会計事務所を紹介し、税収を上げ雇用促進等をし、人に優しい企業を創造し会計事務所が地域社会から感謝されるようにしたい。

「会計事務所の見極め方3」
1.今の会計事務所に不安がありますか?
2.会計事務所のスタッフ(職員)が年々、減っていますか?
3.経営計画策定支援の話を過去、1回も会計事務所からしてくれなかった?
*1.2.3が「はい」の場合は会計事務所を替えた方が良いと思います。
4.今の会計事務所に満足していますか?
5.会計事務所が毎月、御社を訪問し、会計や税務面で正しいか監査をしている?
6.今期の経営計画策定支援を行っている?
7.今の会計事務所の料金に満足していますか?毎月の料金、決算料(30年前は3~4か月→今は5~6か月)、年末調整、書類作成料。
8.会計事務所との出会いが人生や経営をいい意味で変えましたか?
*4から8が「はい」の場合は、良い会計事務所だと思います。
8項目だけですが、前向きな経営者の見極め方です。
税金も会計事務所へ払う料金も安い方が良い、会計事務所にすべてやってもらうという考えの経営者の見極め方ではありません。
前向きな経営者が前向きで真面目な会計事務所とともに歩まれることを祈ります^_^
うという考えの経営者の見極めではありません。

「会計事務所の見極め方4」
税務署、税務調査がなくなったら、 今、依頼している会計事務所に引き続き依頼しますか? 税務署、税務調査がなくなることは自由主義経済が続く限りありえないと思います。
税金の申告は正しく行い納税することは日本国民である限り当然のことです。
30年前はともかく、IT、PCが進化している今日、少なくとも、今期の御社の経営計画策定支援を会計事務所が支援し、毎月、目標・計画との差異、対策を御社中心で支援をする会計事務所でなければ会計事務所を替えた方が良いと思います。
ただし、税金も会計事務所へ支払う料金も安い方が良い、会計事務所にすべてやってもらう経営者は対象外だ。

「会計事務所の見極め方5」
会計事務所が年間で一番忙しい時。お菓子等の差し入れはほっとします。
もし、所得税の確定申告で書類が未提出だった場合は会計事務所に持参するのも良いですね。会計事務所を訪問し、対応が悪かったり、会計事務所のスタッフ(職員)が年々、減っているようでしたら、会計事務所を替えた方が良いと思います。
企業数が減っていますが、税理士は増え激しい競争になっています。会計事務所はお客様が減ればスタッフ(職員)を減らせばある程度は経営は成り立ちます。
スタッフ(職員)が減っている場合は、お客様のニーズに充分に応えることができなくなった証です。
2月末に所得税の確定申告の完了している会計事務所も増えていますが、まだ数は少ないです^_^

「会計事務所の見極め方6」
会計事務所を替える決断をされた場合の会計事務所への断り方
①言い方
『先生、長い間お世話になりました。 誠に申し訳ないですが、親戚が会計事務所を始めることになりました。 今日あるのは、先生のおかげです。ありがとうございました。』
3000円から5000円程度の菓子折りを添えてください。
②タイミング
個人事業者の場合は、3月15日、今年は16日の所得税の確定申告と納税が完了し、3月末日の消費税の申告と納税が完了して、会計事務所から書類一式をいただいてから。法人の経営者は、法人の決算、申告、納税を完了して会計事務所から書類一式をいただいてから。当然、所得税の書類もいただいてから。
タイミングが早過ぎると、新しい会計事務所への書類の引き継ぎが中途半端になり、後日、新しい会計事務所が大変になります。

「会計事務所の見極め方7」
会計事務所を替える決断をされた場合の会計事務所への断り方の続き
会計事務所を替えられない3つの理由
1.今の会計事務所に「こんなこと、どこの会社でもやっています」と言われ、おかしいと思いながら税金をごまかし会計事務所に弱みを握られていること。
回答 会計事務所を替えて前の会計事務所から弱みを漏らす例は聞いたことがありません。漏らした場合は税理士法の守秘義務違反になります。
2.面倒くさい
現政権の施策は、積極的で前向きの経営者を応援する税制となっています。税の政策以外にも補助金、助成金が各種あります。勉強していない会計事務所は時代についていけなくなっているかもしれません。私は、会計事務所の勉強不足等で不要な税金を払っているのではないかと思います。
10年先も今の会計事務所に。。。社員、取引先・仕入先、地域社会、社長。各々の家族のためにもなりません。
替える決断をしてください。
3.替わりの会計事務所が分からない。
信頼している社長に聞いて評価したらその会計事務所に替えてください。
必要ならば、私(経営者の親身の相談相手株式会社 代表取締役)に聞いてください。

「会計事務所の見極め方8」
社長の年齢が50歳から60歳までの時に後継者についてアトバイスがありましたか?
60歳を過ぎて1回も話がなかったら会計事務所を替えてください。
意外と知られていませんが、中小企業は株価評価をして継承する次期のトップが資金(相続税・贈与税)を用意しなくてはなりません。交代時期を見据えて10年程度トップ自らが事業承継の勉強をすると同時に、会計事務所や弁護士の専門家を相談相手にすることは不可欠です。
10~5年間で相続税対策を含めて事業承継対策を提案する会計事務所が増えています。10〜5年間をかかけて計画的に税額を安くしたり、0になる場合もありますので、会計事務所の選択は重要です。

「会計事務所の見極め方9」
毎年、「税法改正」について、会計事務所から情報提供がありますか?
ない場合は、会計事務所を替えてください。
税法改正以外にも、補助金、助成金等の情報提供は欠かせません。
研修会を開催したり、会計事務所が毎月の訪問で御社に必要な情報提供をしないと御社は遅れてしまいます。
もっとも、会計事務所に毎月、5万円以上お支払いされていなくて情報提供を要求されるのは無理だと思います。

「会計事務所の見極め方10」
今の会計事務所がホームページ(HP)も持っていなかったら、会計事務所を替えてください。 私の推定ですが、HPを持っている会計事務所は10数パーセント程度だと思います。
私は36年間の経験から、HPを見ればその会計事務所の考え方、サービス内容が分かります。だから、全国の会計事務所についてもある程度は分かります。
皆様も経営者であれば、同業者についてはHPを見るとある程度は分かるのと同じことです。
別の視点も重要です。
10年前から、親会社や取引先・仕入先が新たに取引をする際に、その企業の依頼している会計事務所がしっかりしているかどうか調べていましたので、HPの有無はもちろんのこと、内容も見ていると思っても不思議ではありません。
当然、できる銀行員や税務署員は、融資や調査の前に御社や依頼している会計事務所のHPを見ているのは、どの業界でも不思議ではありません。

「会計事務所の見極め方11」
会計事務所の看板は御社が依頼したいと思う看板ですか?
かつては、病院の看板が色あせたり、一部が破損していたら、名医でも引き返しましたが、最近はきれいな看板になっています。病院間の競争が激しくなっているからです。
会計事務所は依然として看板が会計事務所のイメージを表しているという認識が少ないと思います。
色あせたり、破損があり長く放置してきたような看板を持つ会計事務所は前向きな経営者は避けると思います。

「会計事務所の見極め方12」
会計事務所にセキュリティ、防犯システムが設置されているか?
会計事務所には、お客様の数だけお客様の大切な決算書・申告書、給与関連、社長の所得税の決算書・申告書等が、書類やPC、サーバー等に保管・保存されています。
万が一、泥棒に遭い盗まれたら、、、、。火事に遭ったら、
防犯システムの有無はステッカーが貼付してあるので外見からある程度は分かります。ある程度としたのは、会計事務所によっては、防犯システムを設置しているのにステッカーを貼付しない会計事務があるからです。

「会計事務所の見極め方13」(最終回)
「認定経営革新等支援機関」の会計事務所ですか?
平成24年11月5日に初回の認定経営革新等支援機関が発表された。すでに2年が経過している。中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関だ。
会計事務所のHPを見たり聞いてこの機関でなかったら、会計事務所を替えて欲しい。
また、会計事務所が毎月、御社を訪問しても会計・税務のチェックだけでなく、経営のアドバイスや社長、奥様、経営幹部、経理担当者等の聞き役となって適切なアドバイスをする会計事務所でなかったら要望して欲しい。改善されなかったら会計事務所を替える時代だ。

3.会計事務所に年間70万円以上、お金を払っているが、

  • 年に数回しか会計事務所が来ない。
  • 試算表は数か月遅れで、古新聞で役に立たない。
  • 自社で経理処理を行っている。会計事務所でも処理を行っている。何か変?
  • 同業他社と比べて、我が社はどうなんだろう。
  • 会計事務所を替えたいが替わる会計事務所を知らない。 etc…
igo

こうした悩みを解決したいと思う、前向きな経営者の方には前向きで真面目な
会計事務所を無料で紹介させていただきます。

4.会計事務所活用のポイントは、ニ-ズが経営者によって異なるので、
経営者と腹を割って話をさせていただきながら親身の相談相手として説明させていただきます。

メールでのお問合せ

トップへ戻る当社の概要・使命会計事務所の活用の仕方・選び方無料相談・ご紹介の流れ代表コラムご案内

サブコンテンツ

▲ PAGE TOP